債務整理をするとクレジットカードは作れないですか?※必読!

債務整理をするとクレジットカードは作れないですか?※必読!

債務整理をするとクレジットカードは作れないですか?※必読!

クレジットカードを利用しすぎて返済が困難になった場合の対処方法に債務整理があります。
債務整理には複数の方法があり、減額効果やそれを利用したことによる影響が変わるため、現在の債務状況に合ったものを利用します。
債務整理を行うときの注意点として、個人再生や自己破産に関しては全ての債務が対象になります。この2つは減額効果が高いですが、クレジットカードの利用以外にも債務があれば、それも含めて整理を行わなければなりません。保証人がいる債務があれば、整理で減額された分を保証人が弁済することになります。また、不動産などを担保にしているローンがあると、担保を失ってしまいます。そのため、このようなケースでは他の方法で減額して返済できる見込みがあれば、それを利用した方が良いです。
債務整理を行うと個人信用情報機関に記録が残ります。永久に残るものではありませんが、最長で10年間は記録が残ります。また、減額して返済している債務に対して遅延を起こすと、記録の保持期間が数え直され、長引くので注意します。この記録が残っているとクレジットカードを契約することは難しくなります。個人信用情報機関から記録が消えても、債務整理したクレジットカードを再契約するのは難しいため、他のカードに申し込んだ方が良いです。
なお、クレジットカードの家族会員は本会員に対して審査を行って発行するため、本会員に問題がなければ記録が残っている家族に対してもカードを発行できます。