債務整理デメリットかんたん解説※配偶者などに迷惑はかかる?

債務整理デメリットかんたん解説※配偶者などに迷惑はかかる?

債務整理デメリットかんたん解説※配偶者などに迷惑はかかる?

債務整理を行うことによるデメリットはいくつかありますが、それは本人に限られると言うことは頭に入れておくべきでしょう。たとえば、家族が何らかの不都合を感じると言ったことは、法的にはありません。連帯保証人になっていれば何らかの不都合があるかもしれませんが、ただ単に家族と言うだけでは、特に影響はないと考えられます。債務整理をすればブラックリストに載ると言われることもあります。

そもそもブラックリストというのは俗称でしかなくて、それが意味するところは信用情報機関だと考えられます。自己破産などの債務整理を行えば、その情報が信用情報機関に登録されますから、その後の一定期間は新たなローンを組めなくなりますし、カードを作ることもできなくなります。この点ではデメリットがありますが、これは借りた本人に対するもので、家族にとってのデメリットではないということは、頭に入れておくべきでしょう。根拠のない噂に振り回されてはいけません。

金融機関は貸付を行う審査の段階で信用情報機関に問い合わせを行いますが、この際には貸付を行う人の情報しか参照できません。その家族の情報までついでに参照すると言ったことは不可能なのです。ですから、家族が債務整理を行ったのかどうかを知ることは、金融機関にとってはできないことで、それを考えれば根も葉もない噂だと言うことは分かるでしょう。もし家族の誰かが債務整理を考えているときには、冷静に対応するべきでしょう。